FC2ブログ

WRYYYYの食卓

中央、南関競馬予想、ガンプラ制作、その他気の向くままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頻繁に検索される製作方法などのまとめ(1)

世の中にはアクセス解析という便利なツールがある。

意外と面白いので定期的に見ています。

少し気になるのは、ブログ内でいい加減に書いていることが検索に引っ掛かっている点。

結局、ブログなんていうものは自分のために書いているのですが、書いておけば需要は多少なりともあるようなので、一応まとめておきます。

ググったのに肝心の中身が薄くてガッカリという体験は、私も嫌という程経験していますからね。

少しでも役に立てればと思います。

文章化することにより思考がまとまるので、自分のためになるという利点もある。これが大事。


所詮は素人なので鵜呑みにはしないでもらいたいです。



~トップコートについて~

「水性の上 ラッカー」などの検索が結構あります。

基本的にはNGです。


ラッカー>エナメル>水性・アクリル


この順番での重ね塗りは問題ないと考えていいでしょう。

ラッカー→ラッカー、エナメル→エナメル、水性→水性といった同系塗料の塗り重ねは下の塗料を溶かしてしまう場合があるので注意が必要かも。

私はエナメルは墨入れ・ウェザリング、水性は昔使っていただけなのではっきりしたことは言えませんが、乾燥がラッカーと比較して遅い分、混ざる可能性は高いと思います。

また、エナメルや水性塗料は筆塗りで使用する場合が多いかと思います。

その場合、筆による厚塗りや、筆を押し付けてしまうことが原因になってしまうかと思います。


”水性塗料の筆塗り→ラッカー系トップコート”とすると塗膜が見事にとろけてくると思います。


エナメルで墨入れをした後にラッカー系トップコートを吹く時は一気に吹きすぎないよう注意することが重要だと思います。

スジ彫りが太く、エナメルが多めに流れ込んでいる部分などはトップコートにより滲む可能性があります。

同様にデカールも大量のトップコートに侵食される場合があります。

これの防止策としては”砂吹き”などが有効です。

トップコートを距離を離して吹いて粒子をバラバラと乗せるような感じで軽く吹き、表面を1層増やすといいますか、侵食を妨げる壁を作るようなイメージです。

先のエナメルの滲みにも使えます。

いずれにせよ鏡面仕上げなどしない限り、トップコートを分厚く塗ると厚ぼったくなって見栄えが悪くなると思いますが。


※例外

「水性の上にラッカー」を基本的にNGとしたのにはもちろん理由があります。

越智さんの「ぷはプラモはプ」にあるべっ甲の表現にあるように、エナメルの上にラッカーを吹いてわざとぼかすといった利用法があるからです。

要は常識に捉われてばかりいるなということです。

何事にも意外な使い方があるものです。


~トップコートの違い~

「水性のトップコートとラッカーのトップコートの違いは何か」

「つや消しと光沢の差は何か」

「トップコートを使用することによる仕上がりの差は」

思い当たるのはこれぐらいでしょうか。


まず「水性のトップコートとラッカーのトップコートの違いは何か」

単純に塗料の種類だと思いますいが・・・・。

乾燥:水性は遅い<ラッカー早い

塗膜:水性ちょい弱い<ラッカー早い

重要なのはこれでしょう。


この差がネックになる場合は鏡面仕上げをする時、鏡面に限らず光沢もかなぁ。

乾燥が遅いということは研ぎだし作業になかなか移れないわけです。

さらに塗膜がラッカーに比べるとだいぶ弱いので、研ぎだしに耐えられない可能性が高いです。

摩擦熱で表面がやられると光沢も出ないかと思われます。

やったことがないのでわからないですが。

鏡面仕上げなどをしたければ、無難にラッカークリアーを使うなり、ウレタンクリアーを使うのが無難でしょうね。



長いので分割。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uryyyysyokutaku.blog105.fc2.com/tb.php/344-6d8a6abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。