WRYYYYの食卓

中央、南関競馬予想、ガンプラ制作、その他気の向くままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGケンプファー(9)

雨が降る前にと急ピッチで塗装

P1030661.jpg

↑ブルーFS15050+ピュアブラック→FGパール・オパールブルー

P1030663.jpg

↑上記過程の後→クリアーブルー→EXクリアー

青の撮影ってムズい。

上と下とでは色味が結構違うのだが、目を凝らしてみないと違いがわからないほど。

今回はテキトーに撮ったけど、完成写真の撮影では一苦労ありそう。



まだまだ先は長いが現段階としては納得のいく光沢が出てきた。

これにウレタン吹いたらと思うと楽しみでしょうがない。

クリアー吹きっぱだけでも十分かとも思うが、クリアー層をあと1層作ったところで中研ぎをしようと思う。

この一手間で結果が変わると信じている。

ウレタンクリアーは塗膜が硬いから、クリアーの段階でかなり仕上げておかないと痛い目に合うというのも理由の一つ。


研ぎ出しを行うため普段よりだいぶ厚吹きする。

そうするとホコリがいつも以上にうざい。

薄く吹いていれば軽くヤスリを当てれば修復できるが、厚吹きはそうはいかない。

しっかりヤスリを当てないと痕跡がクッキリ残る。

鏡面仕上げは何かと手間がかかりますなぁ。


~さっき発生した事件~

クリアーを吹いた瞬間光沢が一気になくなって凍りついた。

塗料瓶の文字を見てみるとなんと”フラット”クリアー。

頭が真っ白になった。

パッケージが紛らわしい。

幸い使わないであろうマニピュレータの外装から塗り始めたため、最悪の事態だけは免れた。

リスク回避ってのはホント重要ですね。

使わないパーツは大概試し塗り用として使う習慣を付けていたのが功を奏したようです。


ふたに「光沢」「つや消し」とデカデカと書いておいたので同じミスは犯さないはず。多分。


人生何が起こるかわからない。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uryyyysyokutaku.blog105.fc2.com/tb.php/278-febde482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。