WRYYYYの食卓

中央、南関競馬予想、ガンプラ制作、その他気の向くままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄と必要な無駄

競馬をやるのがままならる今日この頃。

プラモと真剣に向き合っております。

プロフェッショナル?とかいう番組の後半10分ぐらいを見ました。

そこで無駄を省くことを説いていました。

その通りである。

私が社会見学で郵便局に通って思ったこと。

それは「無駄しかない」ということ。


ではその逆の必要な無駄。

武道の世界に足を踏み入れてから、かれこれ6年ぐらい経ちます。

現代社会において武道の練習とは「無駄」でしょう。

突然人が襲ってくるなんてまずないですし。

ではなぜ無駄なことをするのか?

それは禊だからである。

身を削いでいくことで確実に無駄が減ってくる。

どの世界においても始めは無駄な力ばかりが入って逆に力を十分に伝えきれないものである。

やればやるほど全身の力、ないしそれ以上の力をつかえるようになってくる。


これ以上書くと膨大なものになり収拾がつかなくなるからやめる。

まとまりきれてない証拠でもあるが短時間で書き上げるものなのでやむをえない。


余談、私は現在部活で指導をする立場にある。

指導とは非常に難しい。

言い過ぎるのもダメ、言わないのもダメ。

甘すぎてもダメ、厳しすぎてもダメ。

なんでも加減が難しい。


今、あえて細かいことは言わないことにしている。

試行錯誤の上に発見があり、得られるものがある。

また口でいわれるより経験したほうが身をもって理解できるからだ。

机上の理論のようにはいかないのが常。


もっとぶち当たって限界を超えてもらいたい。

私自身、限界を超えられていないとは確かだが。

当初に比べればはるかに深く、実に興味深い世界に踏み入れている。

あの技はこういう形という概念にとらわれないでほしい。


それに気付かせてやりたいと思うが難しい。

そしてなにより最終的に気付くかどうかは自分次第である。


掘り下げていけばその世界は無限に広がっていくはずだ。

そして積み上げていく世界も無限にあるはずだ。


けど世の中には「制限」があるというのもまた面白い。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uryyyysyokutaku.blog105.fc2.com/tb.php/252-addb8adc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。