WRYYYYの食卓

中央、南関競馬予想、ガンプラ制作、その他気の向くままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール紹介(塗装編)

長文になりそう。

ラッカー塗料
P1000859.jpg
クレオスのMr.カラー。よく使う。臭い。塗膜が強い。色の種類が豊富。
P1000866.jpg
ガンダムカラーもMr.カラーです。
P1000860.jpg
ガイアカラー。あんま使わないからよく知らない。隠ぺい力が高いらしい。隠ぺい力ってのは下地の色を隠す力と思えばいいと思います。けど塗料自体の隠ぺい力はあんまあてにしない方がいいと思うんですけどね。
P1000858.jpg
フィニッシャーズ。とにかく発色がいい。高い。ペンキみたいなニオイがする。最近のお気に入り。

ラッカー塗料まとめ:臭い。塗膜が強い。発色がいい。

エナメル塗料
P1000863.jpg
タミヤのエナメル系塗料。主にスミ入れ用。ラッカー塗料と違い乾燥が遅いしノビが良いので筆塗りに適している。エナメル溶剤はプラスチックを侵食するので注意。番号横のXー○のXは光沢で、XFー○はつや消しを表しています。色の名前についているセミグロスが半光沢、フラットがつや消しの意味です。昔模型屋のおじさんが教えてくれた知識が今に活きています。

水性塗料

P1000864.jpg
クレオスの水性ホビーカラー。当時何も知らなかった僕は説明書にかいてある「塗装には、より安全な「水性塗料」のご使用をおすすめします。」の文字を信じてこれを買っていました。
確かに間違ってはいない。体にも環境にも一番やさしい塗料であります。筆塗り用かな。今は全く使っていない。

塗装の注意
ラッカーの上にエナメル、水性を塗っても問題なし。
エナメルの上にラッカーはダメ、水性は○。
水性の上にはラッカーもエナメルもダメ。

よくあるのはエナメルか水性の上にラッカーのトップコートを吹いてドロドロになったというパターン。この場合は水性のトップコートを吹きましょう。

溶剤

P1000862.jpg

ビンに入っている塗料はエアブラシで吹くには濃いので溶剤で薄める必要があります。濃いまま吹くとクモの巣みたいになったり、塗料がとびちったりします。濃度調整は経験を積むのが一番手っ取り早いでしょう。最初からうまくやるのは難しい。
あとはエア圧で調整します。
写真は左から、Mr.うすめ液、フィニッシャーズピュアシンナー、
タミヤカラーエナメル塗料用溶剤。

缶スプレー
P1000868.jpg
均一に塗れる。細かい部分は塗れない。エアブラシと比べると塗膜が厚くなってしまう。

トップコート
P1000861.jpg

塗装が終わった後にクリアーを吹き付けて、塗膜の保護や、ツヤを整えます。クリアーを重ねて研ぎ出せば鏡面仕上げになります。
写真は左から、ウレタンクリアー、ガイアカラークリアー、水性トップコート光沢、Mr.スーパークリアーつや消し、クリア。

サーフェイサー
P1000856.jpg
塗料のつなぎ。細かいキズ埋め。表面の確認。これがサフの大きな目的と言っていいでしょう。
缶サフは経済的ではないので瓶サフを使っています。それに瓶サフの方が塗膜を厚くしないですみます。
下地の影響を受けやすい色を塗る場合は、写真左のベースホワイトを使用します。

ベースグレーMAX
P1000857.jpg
MAX塗りの下地塗料。最高の隠ぺい力。
2.jpg

MAX塗りで作ったνガンダム。肩を見るとわかりやすいかと。要するに黒立ち上げのグラデーション塗装です。

エアブラシ+コンプレッサー
P1000867.jpg

エアブラシはプロコンBOY WA、コンプレッサーはMr.リニアコンプレッサーL5。あと水抜きとスタンドのセットを購入。レギュレーターだけ持ってない。ほしい。レギュレーターなしに慣れてるから問題ないんだけど最高のものを求めるには必要だと思う。

以上。

ランキング参加中。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uryyyysyokutaku.blog105.fc2.com/tb.php/19-cda5d9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。