FC2ブログ

WRYYYYの食卓

中央、南関競馬予想、ガンプラ制作、その他気の向くままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十二人の怒れる男

「十二人の怒れる男」(12 angry man)

ストーリー
★★★★★★

演出
★★★★★☆

おすすめ
★★★★★★

総合評価
★★★★★★

あらすじ
みんな有罪、でも無罪

総合評価
かれこれ5年ぶりぐらいに見た。

以前見たときよりも高い評価を与えたい。

これを見た当時に比べだいぶ考えが偏って捻くれてきた私にはピッタリの映画。

細部に渡る演出にも圧巻。

唯一☆をつけたのは、無罪を主張(有罪でない可能性があると)した男にも間違えてるpossibilityがあることまで言及してほしかった。

そこが重要なんだから。

日本が裁判員制度を導入するにあたり、国民に是非とも見てもらいたい。

”見る目”を失った日本人が国民の大多数を占める現在。

この映画にある視点が大いに求められると思っている。


傑作。


ランキング参加中
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uryyyysyokutaku.blog105.fc2.com/tb.php/123-a3e8074b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。