WRYYYYの食卓

中央、南関競馬予想、ガンプラ制作、その他気の向くままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料

最近一括して資料収集を行いました。

document.jpg


ガンダムセンチネルとガンダムセンチュリーは買って損はないですね。

だいぶ年数が経過していると思うのですが、現在でも古さを感じさせないデザインの良さは圧巻です。

真剣にガンダムMKⅤを作りたくなりました。

初めてMKⅤを見たのはSFCのバトルドッチボール2。

当時この機体とサザビーがお気に入りでした。

もちろんセンチネルも逆シャアの存在も知りませんでしたが・・・。


私が初めてガンダムを見たのはWでした。

当時の記憶は全くと言っていいほどありませんが。

HGウイングガンダムとナタクを作った記憶があります。

中学に入ってからガンダムを真剣に見始め、中3ぐらいかな?MGサザビーでガンプラに復帰。

お子様の頃好きなものは今でも好きなんですよね。

遊びが真剣な遊びに変わるだけ。

遊ばなくなったらおしまいだ。


余談

小学生当時の私はガンダムMK”ブイ”だと思っていました。

ちょっとは成長したかなと感じる今日この頃。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。
スポンサーサイト

頻繁に検索される製作法などのまとめ(3)

さらに続き。

~鏡面仕上げ~

ウレタンクリアーなどに関する検索が多い様子なので一括して鏡面仕上げとします。


・ウレタンクリアーを吹く際の圧、濃度

どの程度希釈するかによっても違うと思います。

まずどの程度希釈できるかです。

以前上野に行った際、オートモデリGTの川口さんに尋ねてみたところ、丁寧に答えていただきました。

ウレタンクリアーの蓋の密閉が甘かったのか(製品の欠陥ではありません。)塗料が粘度を増し、ドロドロの状態になってしまいました。

そこでどの程度までウレタンクリアーをウレタンシンナーで希釈してよいものかと伺ったところ、50%程度なら問題ないだろうとのことでした。

あとになって50%をどのように解釈してよいものか確認することを忘れたことに気付きましたが、試してみたところウレタン1:シンナー1でもOKでした。

ウレタンクリアーを希釈なしで吹く場合はエア圧は高くしないと目詰まりする可能性がかなり高いと思うので、多少希釈してからの使用がやりやすいと思います。

ちなみに私の使用しているコンプレッサーはクレオスのL5です。

あ、それと。

当然ですが、ウレタンクリアーも希釈するとデカールを侵食するので注意が必要とのことです。

希釈した場合、軽く砂吹きをしてからならデカールを浸食するリスクを大幅に軽減できるでしょう。


光沢をより引き出すためには塗料をゆっくり乗せ、表面が垂れる寸前まで塗っていくのが良いはずなので、それが可能なエア圧、濃度が理想的ということになると思います。

アバウトな表現になってしまいますが、「いつもよりエア圧は高め、濃度も濃い目」ということになりますかねぇ。

結局は経験を積むしかないんですけどね。答えとしては不適切かもしれませんが。


・鏡面仕上げの表面処理、研ぎだし

傷一つないような美しい表面処理がなされることにより、美しい光沢を得ることができます。

この作業が実にしんどく、また自分の実力のなさ、忍耐のなさを痛感させられる瞬間でもあります。

まとめ(2)に書いたように光沢は表面がツルツルでなければ得られません。

そこでつや消しの時は800番あたりでやめてしまう表面処理も、鏡面仕上げの場合は1500番、2000番までの磨きが要求されてきます。

サフの粒子でさえ粗いんですからね。

サフを吹いてから2000番までかけ、そこに色を乗せていきます。

塗料が乗りにくいという心配があるかと思いますが、結構いけます。

フィニッシャーズ&オートモデリGTのホームページにもあるように、ピュアシンナーはくいつきが良いようなので、ツルツルの表面に直接塗装しても問題ないようです。

色を乗せたらクリアーの塗装です。

直接ウレタンクリアーをいってもいいんですが、私は研ぎだしで削りすぎてしまうのが怖いので一度、ガイアカラーのEXクリアーを吹きます。

塗装工程において表面のザラツキなどがあった場合は次の塗装に入る前に1500番、2000番あたりで必ず磨いておきます。

EXクリアーのあとはウレタンクリアーを吹き、1500番、2000番で研ぎだしを行います。

再度ウレタンクリアーを吹き、1500番、2000番で研ぎだしを行い、コンパウンドを粗めのものから順々にかけていきます。

いずれも研ぎだしの際に下地が出てしまうぐらい磨きすぎないよう注意が必要です。

特にエッジ部分は塗膜が薄いので、下手に磨くとソッコーで下地が現れます。

コンパウンドを一番細かいものまで使うと思わずうっとりしてしまうような輝きが得られ、鏡面仕上げの完成です。



あとの検索語はまばらなのでこんなところでいいかな。

以上です。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

頻繁に検索される製作方法などのまとめ(2)

続きです。

~トップコートの違い(続き)~

「つや消しと光沢の違い」

当たり前だけど、つやがあるかないか。

厳密な差は表面の違いでしょうか。

つやが消えているということは表面で光が分散している状態なはずです。

表面がツルツルの状態のプラは光沢をもっていますが、ヤスリをかけてみるとつやが消えます。

表面に細かい傷があったりする分、反射がないといった感じですかねぇ。

私、物理で反射と波動の勉強を執拗なまでに嫌ったので、ここら辺の詳しいことは全くわかりません。

なんだか嘘くさい話ですからね。

話がずれました。

要するに表面がツルツルなら光沢、つや有りの状態。

表面がザラザラならつや消しといった認識で良いかと思います。


「トップコートによる仕上がりの差」

ツヤのムラが統一されることにより、まとまりが出るというのが個人的見解です。

塗料のラベルの書いてあるように、塗料事にも「光沢」「つや消し」という差があります。

ある部分はつや消し、ある部分が光沢になっていたりすると全体にバラつきが出ることを防げます。

逆にトップコートにより、つや有りの部分、つや消しの部分と区別して、材質の違いを表現することも可能。


無塗装状態の場合、プラスチックは透過するのでおもちゃっぽく見える。安っぽい。

そこでつや消しのトップコートを吹くことにより表面の透過を防ぎ、安っぽさをなくすというのが簡単フィニッシュなどに見受けられるトップコートの効果でしょうね。


仕上がりの差とは意味合いが異なりますが、塗膜の保護もトップコートの効果の一つといえます。



~食卓~

ごめんなさい。

紛らわしいブログのタイトルで。

食卓の作り方とか知りません。

てか食卓の作り方ってなんだろう。

何を作りたいのかよくわかりませんが、ホームセンターにいけば一式揃うと思います。

塗装の基本などは変わらないはずなので、模型づくりも家具作りに役立つかもしれません。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

頻繁に検索される製作方法などのまとめ(1)

世の中にはアクセス解析という便利なツールがある。

意外と面白いので定期的に見ています。

少し気になるのは、ブログ内でいい加減に書いていることが検索に引っ掛かっている点。

結局、ブログなんていうものは自分のために書いているのですが、書いておけば需要は多少なりともあるようなので、一応まとめておきます。

ググったのに肝心の中身が薄くてガッカリという体験は、私も嫌という程経験していますからね。

少しでも役に立てればと思います。

文章化することにより思考がまとまるので、自分のためになるという利点もある。これが大事。


所詮は素人なので鵜呑みにはしないでもらいたいです。



~トップコートについて~

「水性の上 ラッカー」などの検索が結構あります。

基本的にはNGです。


ラッカー>エナメル>水性・アクリル


この順番での重ね塗りは問題ないと考えていいでしょう。

ラッカー→ラッカー、エナメル→エナメル、水性→水性といった同系塗料の塗り重ねは下の塗料を溶かしてしまう場合があるので注意が必要かも。

私はエナメルは墨入れ・ウェザリング、水性は昔使っていただけなのではっきりしたことは言えませんが、乾燥がラッカーと比較して遅い分、混ざる可能性は高いと思います。

また、エナメルや水性塗料は筆塗りで使用する場合が多いかと思います。

その場合、筆による厚塗りや、筆を押し付けてしまうことが原因になってしまうかと思います。


”水性塗料の筆塗り→ラッカー系トップコート”とすると塗膜が見事にとろけてくると思います。


エナメルで墨入れをした後にラッカー系トップコートを吹く時は一気に吹きすぎないよう注意することが重要だと思います。

スジ彫りが太く、エナメルが多めに流れ込んでいる部分などはトップコートにより滲む可能性があります。

同様にデカールも大量のトップコートに侵食される場合があります。

これの防止策としては”砂吹き”などが有効です。

トップコートを距離を離して吹いて粒子をバラバラと乗せるような感じで軽く吹き、表面を1層増やすといいますか、侵食を妨げる壁を作るようなイメージです。

先のエナメルの滲みにも使えます。

いずれにせよ鏡面仕上げなどしない限り、トップコートを分厚く塗ると厚ぼったくなって見栄えが悪くなると思いますが。


※例外

「水性の上にラッカー」を基本的にNGとしたのにはもちろん理由があります。

越智さんの「ぷはプラモはプ」にあるべっ甲の表現にあるように、エナメルの上にラッカーを吹いてわざとぼかすといった利用法があるからです。

要は常識に捉われてばかりいるなということです。

何事にも意外な使い方があるものです。


~トップコートの違い~

「水性のトップコートとラッカーのトップコートの違いは何か」

「つや消しと光沢の差は何か」

「トップコートを使用することによる仕上がりの差は」

思い当たるのはこれぐらいでしょうか。


まず「水性のトップコートとラッカーのトップコートの違いは何か」

単純に塗料の種類だと思いますいが・・・・。

乾燥:水性は遅い<ラッカー早い

塗膜:水性ちょい弱い<ラッカー早い

重要なのはこれでしょう。


この差がネックになる場合は鏡面仕上げをする時、鏡面に限らず光沢もかなぁ。

乾燥が遅いということは研ぎだし作業になかなか移れないわけです。

さらに塗膜がラッカーに比べるとだいぶ弱いので、研ぎだしに耐えられない可能性が高いです。

摩擦熱で表面がやられると光沢も出ないかと思われます。

やったことがないのでわからないですが。

鏡面仕上げなどをしたければ、無難にラッカークリアーを使うなり、ウレタンクリアーを使うのが無難でしょうね。



長いので分割。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGジム(5)

完成しました。

土日を挟みましたが、昨日シャアとララァの塗装をちゃっちゃと終わらせて完成。

今回はデジカメを借りてきていつもより少しでもいい写真を撮ってみようかと思っています。

ま、たいして変わらないと思いますが。


ジオラマベースの工作

~材料~

・パネル板
・紙粘土
・ポリパテ
・プラ板
・真鍮線

そこまで凝ったものを作ったわけでもないのでショボイ感じもしますが気にしない。

イメージは一応ジャブロー地下。

こんな場所もあるだろうといった妄想。


P1040005.jpg
ベース。
サイズは小さいのでスタイロフォームなどで大まかな形を出すまでもなく、紙粘土1パックで事足りました。

P1040004.jpg
P1040003.jpg
ガードレール。
プラ板と真鍮線でのスクラッチです。
画材屋に建築模型用?のものが売られていたのですが、ガードレールらしいディテールが全く作りこまれていなかったので即不採用となりました。
よく見る形のガードレールを作ったつもりです。
1mmプラバンを使用。
真鍮線が収めるスペースをドライバーを熱して押し付け作成。
ガードレールの凹部分はノミでサクサク削って作成。

P1040006.jpg
道路。
鋳型表現の要領で再現してみました。
P1040025.jpg
塗装はもちろん追い越し禁止。


P1040023.jpg
ベースは石仮面を作ったときと同様に、ポリパテを盛り付けて岩肌の表現をしています。
盛り付けただけだと刺々しいので、ヤスリがけをして表面を滑らかに、多少風化させた漢字に仕上げました。

P1040026.jpg
ブラック→ミッドナイトブルーがベースカラー
それにオリーブドラブやらカーキーグリーンやらエアクラフトグレーを吹いてます。
トップコートは半光沢。
じめじめした感じを表現したつもりですが、いやはや難しい。


今日はここまで。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

夏休みを取る

出かけるので土日の中央競馬は久しぶりにおやすみします

最近アルゴリズムが悪い時期に来ているのでたまには休養もいいかもしれません


休みますが、1鞍だけ買います

10Rトーセンベルボーイ
もともと力はある馬なんですがね

そのうちきます

単複


ランキング参加中。気が向いたら1クリックしてください。

HGジム(4)(本体完成)

昨日ジム本体が完成。

今回はジオラマに初挑戦なので完全な完成はまだ先です。

製作から約1週間で本体完成にたどり着いたのは快挙といっていいでしょう。

作業を急ぐあまり、デカールを張り忘れたのは内緒にしておきましょう。


テキトー撮影で各部の工作をまとめ。

gm mask
まとめといいつつ撮っておいたマスキング画像を一つ。

P1040009.jpg
まずは足から。
つまさきにスジ彫りを追加。

P1040010.jpg
太もも部分にもハッチ状のスジ彫りを追加。
スカート部にマイナスモールドを追加。
腕にスジ彫り追加。
手はウェーブ(だったはず)のものに変更。

P1040011.jpg
胸部にもスジ彫りを追加。
上腕にもスジ彫り追加。

P1040012.jpg
ハッチ部分をプラ板で作り、スジ彫りを追加。顔に見えるのは気のせいか?

P1040013.jpg
肩にパイプを装着。
頭部バルカンは真鍮パイプを2重にしたものに変更。

P1040014.jpg
ふくらはぎ下にスジ彫り追加。
ふくらはぎ部分のモールドは太くしている。

P1040015.jpg

P1040016.jpg

P1040017.jpg

P1040018.jpg
正面と同じスジ彫りとマイナスモールド。

P1040019.jpg
バーニアをアドラーズのアルミパーツに変更。
バーニアの上にマイナスモールド追加。

P1040020.jpg

P1040021.jpg
シールド中央と淵にスジ彫り追加。

P1040022.jpg


以上。
全身像は後ほど。
塗装レシピは完成時に。

なんかスジ彫りした場所を書いただけになってしまった。
まあそれぐらいしかやっていないが。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

7月20日(日)2回新潟2日目予想

軽い熱中症寸前。

夏はしんどいですなぁ。


11Rアイビスサマーダッシュ

新潟直千は得意。
回収率はかなり良いと思います。
この条件特有の穴パターンがあるので、そこを突いていけば高確率で穴馬券が取れます。
◎はステキシンスケクン。最近は番手での競馬が多いですが、以前はテンのスピードに物を言わせて押し切る競馬をしてきました。ここでもスピードは上位で、別定なら勝ち負けです。不安要素は福永ぐらいなもんでしょう。
○はサープラスシンガー。休み明けの分の減点ですが、一息でいく1000mならさほど心配する必要はありません。
前走は見せ場なく終わってしまったが、力出せれば上位争いのマルブツイースター。
この条件はあいそうなエイムアットビップあたりが強敵。
穴はシンボリグラン、スパイン、エムオーウイナーです。

単勝
13
馬連
13-5.7.8.9.16.17


ランキング参加中。気が向いたら1クリックしてください。

7月19日(土)2回新潟1日予想

暑い。

実に暑い。

稽古する度に1L以上の汗をかく。

帰りになると道着が鉄アレイのように重く。

重い足取りをさらに重くさせるのである。

しかし、汗だくの後の水シャワーは大変気持ちよく、非常に清々しいものであります。

身も心もスッキリしたところで一眠りしましょう。

8R頃には起きれるといいが。

1Rから3連単が買えるってやっぱいいですね。

JRAは何事も対応が遅すぎるよ。


1Rトーセンビスタ
再度狙います。
ハクバドウジがかぶってますが、勝ちきるイメージの湧かない馬なのでポカがあるかも。

単勝
5
3連単
1⇔5→6.8.12.15


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

HGジム(3)

急ピッチに作業を進めるあまり、肩がこってしまった。

下向きながらの淡々とした作業は姿勢がよろしくないらしい。

作業は比較的順調。

一応の表面処理が終了。

サフチェックで荒が出てくると思うが。

P1040002.jpg
こんな感じ。

P1040001.jpg
ちょっぴりディテを入れてみたり。


MGジム等のディテを参考に、スジ彫りを施そうと思います。

連日の稽古もあってか、肉体的疲労が結構なところまで来ている。

明日は早いし、さすがに今日の作業はここが限界だろうか。

塗装時間を考えても3日以内はさすがに厳しいかも・・・。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

ダービースタリオンDS

勢いで買った。

良くも悪くもダビスタ。

あまりの進化のなさにビックリ。

てか劣化してないだろうか?

パドックで見たくない馬をすっとばすこともできない。

レースカットもつければいいだろうに。

ロードが早いのは非常によろしい。

が、その他の部分の配慮のなさには驚きを隠せない。

悪いことを書き出せばきりがないだろう。


テストプレイとかやらんのかね?

年数が経過する度にウイニングポストと差がつけられているのではないだろうか?


ファミ通の評価がゴールドなのは気のせいだろう。

いくらなんでも立ち読み読者を馬鹿にしすぎている。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

HGジム(2)

製作初日終了

P1030997.jpg
P1030998.jpg
仮組み

この安っぽさがまさにジムといったところでしょうか。

思っていた以上に良いキットでした。

P1030999.jpg
捨てサフ

後ハメは胴体だけで済んだので助かった。

顔はマスキングで乗り切ります。

一応クリアパーツはコンパウンドで磨いておきました。


合わせ目消しをさっさと終わらせたのであとは表面処理を残すのみ。

8割ぐらいヒケ処理を終わらせた。

後は細かい番手で磨いていくのとエッジを立てるだけ。

少し味気ないのでスジ彫りでも追加しようかと思います。


よく考えてみると明後日は中途半端に忙しい。

おそらくかなりの体力を消耗して帰宅するので製作意欲が湧くかどうかが疑問である。

明日が山田。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

HGジム(1)

gm1.jpg


またやってしまいました

積み確定?

ゲルググが安かったのでついつい手が出てしまいました。

前々から欲しかったジムも手に取ってしまいました。


ジムを3日以内に仕上げよう。

できるか・・・。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

7月13日(日)2回福島8日目、七夕賞予想

夏競馬最大の敵。

それは高校野球。

特に高校野球が嫌いというわけではありません。

でもテレビ埼玉のワイド中継が高校野球の埼玉予選に食われるんですね。

メインレースよりも条件戦が好きな私としては実に面白くない。

JRAも南関東みたいにインターネット中継を無料でやるべき。

器がちっちゃい。

気を取り直して予想。


福島9Rおり姫賞
◎スペシャルウィッチ
○ショウナンガッド
▲アポロクイック
△ビーアデビル

馬連4頭ボックス

10R彦星賞
◎キラライットウセイ
○ニッシンテースト
▲トーセンベルボーイ
△シベリアンライオン


福島巧者ロータスシチーが最終週に間に合わせてきたかと思いましたが、さすがにこの仕上がりだと買いにくい。
ミンティエアーもまだ本調子の仕上がりにはないと思います。

◎はキラライットウセイ
前回も◎にしましたが、やはり太め残りだったのと、追走がいっぱいだったところを見ると無理に狙いすぎたと思います。今回は絞れてきたし、追走も楽になるはず。距離の上限は福島ならあまり気にしなくても大丈夫でしょう。
ロータスは逃げないと味のない馬なので外枠から押していくはずです。
ミンティエアーも内枠に入ったのでいつもより前々の攻めでくるはず。
キララの末脚が炸裂する可能性は十分にあります。
ゲンパチあたりと差のない競馬をしているニッシンが2番手。
なかなかスランプから抜け出せてこないのですが、調子さえもどれば1000万では勝ち負けできるトーセンが3番手です。
ここで当たらなかったら七夕賞やりません。

馬連11-1.2.5.6.8.14.15


11R七夕賞
◎カネトシツヨシオー

意外とトップハンデが強いレース。
前走の走りから、このメンツでは勝ち負け必至とみます。
キャプテンベガなんかは人気ほどの信頼感はない。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

7月12日(土)福島2回7日目予想

金土日は中途半端に忙しく、競馬に身が入りません。

福島最終週で大きいところを取っておきたいところです。

例年通りの傾向が出ると見て穴狙いでいきます。


福島
11Rテレビユー福島賞

◎グリーンアラモード
○コスモベル
▲レウ゛リ
△ダンディーズケア
☆クリノビスケット

◎はグリーンアラモード
ハンデはやや見込まれましたが、斤量泣きするタイプではないのでさほど気にな
りません。初ダートになりますが、馬を見た感じではこなせると思います。最終
週ならなんとかなりそうです。強敵はコスモベル。札幌狙いだと今回は走りませ
んが、走らせてくればレウ゛リの台頭もありそうです。

詰めの甘い所がある馬なので馬連で。


7Rチャイニーズフレア
潜在能力は1000万下を勝ち負けできる程度のものがあります




ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

カナブンのいない夏

私マンション住まいです。

毎年この時期になると夜、廊下の電気にカナブンが集まってくるんです。

すると壁に激突し、ひっくり返って廊下に転がっています。

年に1、2回クワガタが転がってたりもします。

クワガタは採集しますが、カナブンは救助して飛び立たせてやる。

私、穏やかで優しい心を持っているの。

クワガタは例外ね。


ところが今年は全くカナブンが現れない。

今月の救助数0ですよ。

先月1匹救助しただけ。

以前タマムシを捕まえたことを書きました。

その時もうちから100mぐらいの雑木林になっている所にマンションが建設され始めたからだろうと書きました。

カナブンもその可能性が極めて高いです。

東京の排気ガスに満ちあふれた場所でも、住める環境があれば虫がいるんです。

蚊がすごいからちゃんと見たことがなかったんだけど、今思えばクワガタとか結構いたんだろうなぁ。

よく考えてみるとマンションに年がら年中カナブンとかが転がってたりするのもおかしい話。

どこにいたのかと言えばそこにいたんですね。

このマンションにも最近若い子供連れが増えて来たが、そいつらはカナブンとか触る機会ないんだろうな。

ろくに挨拶もしない可愛げのない連中(親がひどい)だがそういう面に関しては同情しよう。


隣の住宅展示場も近々ニトリになるらしい。

住宅展示場にくさむらがあって、ガキの頃はよくバッタとかを採った。

今も秋になると虫の声が聞こえてくるのだが、それが聞こえなくなるかもしれない。

風情もクソもない寂しい秋は嫌。

穏やかで優しい心を持つ私も意図しているわけではないが、その一翼を担ってしまっている以上あまり言えない。

だがお子様時代の夏を失ってしまうと思うと悲しい限りである。


俺の好きだった自然や動物たちを守ってやってくれ。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

海は広くてデカかった

yamasa7月9日

kintoki.jpg

キントキ・・・・7(25~30)

アジ・・・・・・7(30前後)

サバ・・・・・・4(30~40)

ヒメ・・・・・・2(10~20)

ネンブツダイ・・1(10以下)


終わってみればまずまずといったところ。


型のいいサバが一本上がった。

しかしマサバが上がらなくなった。

ここ2.3年はゴマサバしか見てない。

地球温暖化とやらに関係するのでしょうか。


世間はエコとかバカなことを抜かしているがね。

二酸化炭素なんか減らして意味あるのかしら?

化学アレルギー、化学恐怖症、化学不信症などなど、化学に関係する病気をたくさん持っている私にわかることはまずないと思います。

でもね。

私の勘が二酸化炭素は関係ないっていますからね。

関係ないということで間違いないでしょう。

何億年もの時を経てきた野生の勘を信じずに何を信じれば良いのでしょうか。


二酸化炭素だとかいって騒いでいる全世界のみんなへ

「頑張ってください」


私が「頑張る」という言葉をどういう時に使うか、わかってくれる人がいてくれること願うばかりです。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

MGザクⅡ(12)

夏休みに入り、ザクの製作に本腰を入れております。

zaku13.jpg


腰回りのボリュームアップにともなうバランス調整作業に入っています。

アウトラインを先に作らなければいけないのはわかっているんですが、どうも細かいディテールとかをいじる方が楽しくて、作業が滞ってしまう。

7月中には完成させるぞ


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

7月6日ラジオNIKKEI賞予想

忙しくはないが競馬の時間と用事がかぶり、集中しきれない。

新聞も買っていない。

家にいないのでVANすら使えない状態。

こんな状態で当たるのだろうか?


福島11RラジオNIKKEI賞
実績で上回るモンテとサブジェクトは落ち目でしょうか。

特にモンテは前走MAXの出来だったので今回はないと思うが?

私、昔から松田厩舎の使い方があまり好きでない。


このレースは出世レースで、ここの勝ち馬は今後も重賞戦線で名を連ねる。

先を見据えた上での印付けが大事になってくるかもしれない。

低調なメンバーに思えるが如何なものか。

十分吟味していきたい。


1モンテ:上記のとおり、デキ疑問で人気ほどの価値はない。この手の馬は買うときは◎、でなければ消し。
2アロマ:他との比較で54キロがどう出るかだが、実力差はほぼない。
3ウイン:さほど強調材料もなく、この条件だと買いづらい。
4レオ:福島巧者。デビュー戦でダイワシークレットに勝っているあたりからも短距離趣向を感じるが、こなせたときは恐い一頭。
5スイート:前走のメンツ弱く当てにはならない、ここでは足りない印象。
6タケショウ:目下2連勝中。福島も問題なく、軽視禁物。内田→後藤は国枝厩舎なので問題ないでしょう。
7スマート:この馬の走ったレースを見てないのでなんとも言えないが、バッサリとはいかない馬。
8ルール:重賞で勝ち負けといわれると?
9アポロ:芝も走れるがダートでこその感は否めない。
10サブジェクト:上積み疑問。
11ノット:57キロは見込まれすぎの感も。
12プロヴィ:どこかのたたき台?
13タマモ:重賞では足りない。
14キング:血統的に見てもこれから伸びてきそう。
15ハンター:上積みなさそうで。
16ダイバー:あまり器用な競馬はしておらず、人気ほどの信頼度はない。

4角手前からの早目仕掛けでタケショウが差し切るとみます。
特に脅威となるような馬もいません。


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

MGザクⅡ(11)

股関節の改修

200807031458000[1]


股関節はヤワな構造ではいけないと思います。

エバグリとタミヤ1mmでディテアップ。

股関節にはかなりの負荷がかかると解釈し、ダクトを追加。


MSとは関係ないが、股関節はとても重要なパーツだと思う。

日常の動作の中で股関節を意識するとワンランク上の生活ができるかも?


ランキング参加中。気が向いたら1クリックお願いします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。